18金と24金どっちが高い?18KGFや18KGPとは何かを解説!

ゴールドのネックレスとリング

18金や24金、または18Kや24Kってよく聞きますよね。

また、18kgfや18kgpというものもあります。

金ということはわかるけど、どういう違いがあるのか知っていますか?

この表記によって価値もかわってきます。

アクセサリーが好きな人はもちろん、恋人にあげたりする場合でも、知っておきたい内容です!

18金と24金どっちが高い?

ネックレスに書いてある18KGPや18KGF

24金は、金の含有量が99.99%のもの、18金は、金の含有量が75%になります。

なので、18金より24金の方が高いです!

スポンサーリンク

18金と24金の見分け方

アクセサリーの金具のところなどに「18KGP」のように数字とアルファベットが彫ってあることがあります。

18金と18Kは同じ意味です。

「K」というのは「Karat」の略です。

「18KGP」だと18金、「24KGP」だと24金というように見分けることができます。

「18K」といった数字が彫ってない場合は、18金なのか24金なのか分かりませんよね?

アクセサリーであれば18金の可能性が高いです。(理由はこの後に書いてあります。)

14K、18K、24Kの違い

18金ダイヤネックレスの箱(ケース)入り

99.99%が金である純金と呼ばれるものが24Kとなります。

そして、18K、14Kなど、数字が少なくなるほど、金の割合が減っていき、別の物質が混ざっているということになります。

なぜ、別の物質を混ぜるのかというと、金は柔らかく、傷がつきやすい物質です。

そのため、アクセサリーとして使用するには、18Kや14Kのほうが扱いやすいのです。

 

しかし、金の割合によって輝きもかわりますし、色合いもかわってきます。

金属アレルギーの方は、10Kくらいだとアレルギー反応も出やすくなります。

また、金の割合が減るほど、お値段も安くなります。

 

もう一点、K18と表記される場合と、18Kと表記される場合があります。

これは、基本的には金の割合は同じで、日本製か海外製かの違いになります。

K18が日本国内で生産されたもの、18Kが海外製です。

先ほど「基本的には」と言いましたが、海外製の場合は18Kと表記されていても実際はもっと金の割合が少なかった!なんてこともあるそうです。

そのため、K18と表記された日本製のもののほうが、信頼できると言えます。

スポンサーリンク

18金と24金の色の違い

24金は、18金に比べると色味が濃く、黄色~オレンジ系の色になります。

金の含有量が減るにつれ、白っぽい色味になり、10Kになるとちょっと暗い感じの色味になります。

Kの後ろのGF、GP、WGとは何?

Kの後ろに、さらにアルファベットが並んでいるのを見たことがありますか?

これにも、きちんと意味があります。

GF

GFとはゴールドフィルドの略で、金属のベースに金を熱と圧力で圧着させたものです。

簡単に剥がれたりすることもほとんどなく、きちんとお手入れしていれば、半永久的に金の輝きが持続します。

値段は、通常の18Kに比べたら断然安いですが、金属アレルギーのかたでもアレルギー反応が出にくいと言われています。

GP

GPとはゴールドプレートの略で、いわゆる金メッキです。

先ほどのKGFに比べて、金が剥がれやすく、値段もさらに安価です。

WG

WGとはホワイトゴールドの略で、プラチナのような白っぽい金のことです。

18KWGであれば、24分の18が純金で、残りが銀やパラジウムなどで、白くしているということです。

スポンサーリンク

金のアクセサリーのお手入れ方法や注意点

金の変色について

純金は錆びることや変色することはほとんどありません。

しかし、純金以外の18金や14金、18kgfなどは他の物質も含まれているため、お手入れをしないと、変色などしてしまいます。

特に、18金は「金だから変色しない」と思っているかたが多く、つけたまま海や温泉などに入ってしまい、変色してしまったという話をよく聞きます。

10金よりは14金、14金よりは18金、と、金の割合が多いほど変色はしにくいですが、可能性はありますので、きちんとお手入れしましょう。

金のアクセサリーのお手入れ

まず、基本は使用後、外したときに毎回柔らかい布で拭くことです。

また、ずっとつけっぱなしで、寝るときもお風呂のときも外さないというかたもいますが、できればやめましょう。

お風呂は特に外したほうがいいです。

なぜかと言うと、石鹸カスなどがついて、きちんと流せない場合があり、変色の原因となります。

リングの場合は指と接触している面は汚れがたまりやすいです。

ネックレスなら体を洗っているときに誤ってひっぱってしまうこともあります。

一緒にお風呂に入っても、アクセサリーにとって良いことはありませんので、なるべく外しましょう。

ゴールドのアクセサリーが黒ずんできたら

毎回柔らかい布で拭いていても、汗や皮脂などで黒ずんでくることがあります。

その場合は、中性洗剤であらい、よく水で流し、水気をふき取ったら自然乾燥させましょう。

18金と24金の違い「まとめ」

私は10年以上前に金属アレルギーを発症しました。

金メッキのピアスやネックレスはもちろん、ベルトの金具でお腹が痒くなったり、チェーンバッグのチェーンが首にあたって赤くミミズ腫れのようになったり、結構ひどかったんです。

でも、14kgfのアクセサリーは、ピアスでもネックレスでもアレルギー反応は全然出ませんでした!

それだけ、金の厚みがあるということですね。

アクセサリーにも流行がありますし、流行ものは18kgfや10Kなど、長く使える定番のデザインのものは18K、など使い分けると良いでしょう!

スポンサーリンク







関連記事と広告