お出かけやおしゃれ好きmisaのブログ

毎日の生活に役立つ情報を集めました。

和歌山県・熊野那智大社あじさい2016。見頃や開花状況・グルメ情報

      2016/05/08

kumano-ajisai

出典 http://nachi-gaidono-kai.blogspot.jp/2013/06/blog-post.html

和歌山県にある熊野那智大社では、毎年紫陽花が見頃を迎える時期にあじさい祭りが開かれます。

しとしとと雨が降り続く梅雨の時期は外出も億劫になりがちですが、梅雨の季節にしか見れない景色を見に出かけてみませんか?

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある熊野那智大社について

  • あじさいの見頃や開花状況
  • 周辺の観光スポット
  • 周辺のグルメスポットやランチ情報

をご紹介します。

ご家族や友人とのお出かけにぴったりなお役立ち情報満載です。

スポンサーリンク

 

熊野那智大社あじさい祭り基本情報

熊野那智大社の巫女

出典 http://this.kiji.is/42102611921436672

開催日 2016年6月14日(火)
住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
電話 0735-55-0321

熊野那智大社のあじさい祭りは、アジサイを神前にお供えし自然の恵みに感謝するという祭典です。

平安衣装を着た巫女さん2人が、頭にアジサイの冠をつけて豊栄の舞を神様に奉納します。

あじさい祭り当日はお昼ごろまで参拝客にお抹茶が振舞われます。

あじさいが神社やお寺に植えられている理由は諸説ありますが、一説ではあじさいには魔除け効果があると言われています。

特に紫色はリラックス効果があり、女性ホルモンの分泌を促し女性特有の病気を防ぐという説もあります。

梅雨の時期は何かとストレスがたまりがちです。

美しいアジサイを鑑賞し、神様を身近に感じられて心休まる1日になりそうですね。

あじさいの見頃や開花状況

熊野那智大社の紫陽花は例年5月終わりから7月上旬にかけて美しい花を咲かせます。

ちょうどあじさい祭りが開かれる6月中旬ごろから下旬にかけてが見頃になります。

雨の日には霧が発生して、いつもと違う紫陽花の風景を楽しむことが出来ます。

梅雨の晴れ間、雨、霧と天候によって様々な表情を見せてくれる紫陽花を見に足を運んでみてください。

熊野那智大社周辺の観光スポット

那智の大滝

那智の大滝

出典 http://www.toretabi.jp/travel/teiban_vol02/01.html

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山

高さ133m、滝幅13m、滝壷の深さは10m以上の大迫力の大滝です。

日本の名瀑布としても有名な那智の大滝は48箇所ある那智の滝の中でも一番の水量を誇ります。

自然が作り出した壮大さと神秘さから、熊野那智大社のご神体として祀られています。

太地町立くじらの博物館

住所:和歌山県東牟婁郡太地町太地2934-2
電話:0735-59-2400
営業時間:8時30分~17時
料金:大人1050円・小学生630円・幼児(3歳以上)210円
休館日:無休

太地町は捕鯨の発祥の地としても有名です。

こちらではクジラやイルカのショーや、餌やり体験をすることができます。

博物館本館では、古くからの人とくじらについての歴史や実物の骨格標本を見ることが出来ます。

ここでしか見られない珍しい種類の鯨も飼育されています。

にぎわい広場朝市

住所:勝浦漁業共同組合魚市場横
電話:0735-52-2131
(那智勝浦町役場観光産業課内)
開催日時:毎週日曜日 8時から11時

那智勝浦の名産品を購入するなら活気溢れる漁港の朝市がおすすめです。

那智勝浦は生マグロの町としても全国的に有名です。

まぐろの他にも、ご当地グルメであるめはり寿司や近隣の農家の農産物も販売されています。

歩き疲れたら、無料の海乃湯という足湯で一休み出来ます。

海乃湯:6時~22時

ゆりの山温泉

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町二河8
電話:0735-52-5106
営業時間:9時~22時
料金:大人300円 小人200円
休業日:火曜日

手軽に温泉を満喫するならこちらの立ち寄り湯がおすすめです。

温泉の泉質はアルカリ性単純温泉で、肌触りのよいお湯が特徴です。

こちらの温泉の人気の理由はこの料金で源泉かけ流しであることです。

梅雨の時期は蒸し暑いですが、冷たい飲み物などで意外と体が冷えているものです。

ぬるめの温泉にゆ~っくり浸かれば、心も体も癒されます。

スポンサーリンク

 

熊野那智大社周辺のグルメスポット

まぐろ三昧 那智

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地2-3-10
電話:0735-52-1046
営業時間:11時30分~15時 17時30分~23時
定休日:無休

有名店の元料理長が地元の名産品である、マグロ・クジラ・熊野牛を使った料理の数々をプロデュースしたお店です。

お刺身やどんぶりの他に、鮪のパスタや熊野牛のドリアなども人気を呼んでいます。

最近ではなかなかお目にかかれなくなったくじらの竜田揚げや、うつぼやサメなどの珍味も味わうことが出来ます。

竹原

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地4-3-23
電話:0735-52-1134
営業時間:11時~14時 17時~21時
定休日:不定休

生マグロを隅から隅まで味わうなら、こちらのお店がおすすめです。

生まぐろならではのねっとりもっちりな食感のマグロのお刺身はなかなか味わえません。

目玉、心臓、卵など漁港の町ならではの珍味も味わえます。

亀八屋

住所:和歌山県東牟婁郡太地町太地3383
電話:0735-59-2258
営業時間:8時ごろ~なくなり次第終了

てつめん餅、というこしあんがたっぷり詰まったお餅が有名です。

「なにこれ?!」と驚くほどに柔らかなお餅と、上品な甘さのこしあんが驚きの美味しさと評判です。

すぐに売り切れてしまうので、予約がおすすめです。

サンタ

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町朝日2-239
電話:0735-52-6624
営業時間:6時30分~19時30分
定休日:日曜日・祝日

和歌山県東牟婁郡北山村が原産地の、みかんの仲間である「じゃばら」を使ったスイーツやパンが販売されているお店です。

じゃばらを使ったガトーショコラ、チーズケーキなどが地元の方を中心に人気を呼んでいます。

じゃばらという果物は花粉症に効果があると言われているナリルチンという成分が入っています。

他ではなかなか見かけることのない、じゃばらスイーツをぜひ味わってみてください。

まとめ

世界遺産に登録されている熊野那智大社や周辺には、自然の恵みを味わい、感じることが出来るスポットがまだまだたくさんあります。

梅雨時期は旅行代金も一年間のうちで比較的安価です。

地元の美味しいグルメや名湯、自然の美しさを体感しにお出かけください。

スポンサーリンク