お出かけやおしゃれ好きmisaのブログ

毎日の生活に役立つ情報を集めました。

アナベルあじさいの育て方。肥料や挿し木の方法。病気・害虫対策は?

   

アナベルの群生皆さんは「アナベル」という花をご存じですか?

アナベルは白い花が特徴のとてもきれいなお花です。

他のあじさいと違って育てやすいのも大きな特徴のひとつ。

ドライフラワーも簡単に楽しめるのでおすすめです。

庭や部屋を彩りにいかがですか?

今回はアナベルの育て方についてみてみましょう。

スポンサーリンク

 

アナベルとは?

アナベルは別名アメリカノリキリという花でアジサイ科です。

あじさいに共通して言えることですが、水を好みます。

庭植えをした場合は植えつけ直後は1週間欠かさず水をあげましょう。

芽吹いてきたら降雨のみでも平気で場合。

しかし、

  • 雨が降らない日が続いた
  • 葉に元気がない
  • 土がずっと乾いている

等あれば適宜水をあげてください。

場所は日向がおすすめです。

水切れに弱いお花です。

そのため、鉢植えだと水切れが庭植えよりしやすいです。

庭植えをなるべくするようにしましょう。

アナベルは初心者におすすめ

白いアナベル紫陽花

出典 http://tree.shiny-garden.com/post-2117/

このアナベルはほかのあじさいよりも初心者向けです。

通常あじさいは7月中に剪定をする必要があります。

そうでないと、翌年の花芽を切り落とすことになるからです。

一方、アナベルの花芽は4月以降に作られます。

そのため、剪定は6月~3月であれば行うことができます。

スポンサーリンク

 

アナベルの育て方

置き場所

水はけのよい土壌を選んでください。

アナベルはあまり高くなりませんが、枝がたくさんでて、横に大きくなります。

鉢植えよりも、庭植えでの栽培がおすすめです。

また、水はけの良い土壌を好みます。

夏の暑い時期でも、乾燥しすぎない場所を選んでください。

日当たりを好みますが、日陰にも強いです。

時間に応じて物陰になるような場所に植えるのもおすすめです。

乾燥を防ぎます。

肥料

アナベルは肥年2回ほど料を必要とします。

6~7月に1回、12月~2月に1回の計2回あげましょう。

固形肥料を置く。

もしくは土の中に混ぜましょう。

油かすや緩効性化肥料もおすすめです。

土壌

市販されている花と野菜の土で植えつけを行います。

植え付け時期は11月~梅雨時までです。

さし木

6月上旬~7月下旬に枝を切り取ります。

発根率を高くするため、今年伸びた若い枝を選ぶと良いです。

節の下を水を吸いやすいように斜めに切りましょう。

大体7センチ~8センチになるようにします。

2センチ~3センチの深さで植えます。

日陰に植えることで乾燥を防ぐことができます。

赤玉土小粒やさし木用の土を用いるのもおすすめです。

約1ヶ月ほどで発根します。

成功すれば2ヶ月ほどでしっかりとしたねを張ります。

冬場は日を当てて育てましょう。

アナベルの病気と害虫

①モザイク病

葉が変形し、濃淡ができる病気です。

モザイク病に感染した株は治りません。

見つけた場合は抜き取りましょう。

また、アブラムシを媒介してのまわりの株への感染することがあるので、アブラムシを見つけたらすぐに駆除しましょう。

②うどんこ病

名前の通り葉にうどん粉のような白いカビが生える病気です。

葉が枯れることがあります。

予防法は剪定をして風通しをよくすること。

湿度が低いときや枝が茂りすぎると発生する原因になります。

③カミキリムシ

出典 http://roku-photo.blogspot.jp/2014/07/blog-post_4.html

出典 http://roku-photo.blogspot.jp/2014/07/blog-post_4.html

カミキリムシの幼虫が幹に入ると株全体が枯れてしまう原因に。

見つけ次第駆除をしましょう。

アブラムシと合わせて定期的に確認することをおすすめします。

アナベルは初心者でも簡単に楽しめます

アナベルはあじさいの中でも簡単に育てることが可能です。

剪定も難しくありません。

アナベルを夏~秋に花をつみ、ドライフラワーにすることもおすすめです。

家の中を華やかにします。

またアナベルのドライフラワーをグリーンリースにするのもおしゃれ。

そうすれば1年中花を楽しめます。

ぜひみなさんも挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク