お出かけやおしゃれ好きmisaのブログ

毎日の生活に役立つ情報を集めました。

小学校の英語必修決定。こどもが出遅れない為にやっておきたいこと

   

小学生の英語勉強2018年から、英語が国語や算数と同じように「教科化」されます。

今までは5年生から「英語活動」として、英語に親しむ授業が行われていましたが、2018年からは英語が「教科」扱いになり、テストが行われ、成績も付けられます。

関連記事:小学校で英語が必修へ。うちの子が何年生から、どう変わるの?

早いご家庭では、赤ちゃんや幼稚園・保育園の時から英語教育をしているので「小学生からではもう遅い?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません!

今から出来る英語の取り組みをご紹介します。

スポンサーリンク

NHKの教育番組

小学生の英語・NHK

出典:http://www.nhk.or.jp/eigo/prekiso/

NHKの教育番組には、「えいごであそぼ」「プレキソ英語」「エイエイGO」などがあります。

とくに、プレキソ英語の中の「スシタウン」というアニメは子どものウケがいいのでお勧めです。

関連記事:小学生が英語の勉強を始めるなら、無料で学べるNHKが最適

オンライン英会話

英会話教室に行かせたいけど、時間がなかったり送迎が大変だったりで、なかなか行けない…という方におすすめです。

個人的には、週一回の英会話教室より、断然オンライン英会話の方が成果が出ると思います。

オンライン英会話・メリット1

まず、安い!子供向けのオンライン英会話は大人向けのオンライン英会話と比べると料金が高めなのですが、それでも普通の英会話教室と比べると安いです。平均すると、1レッスン500円ぐらいでしょうか?

また、オンライン英会話の会社によっては、兄弟一緒に受講できます。

兄弟のレベルが同じならば、費用も半分で済みますね。これは有難い!

もし、レベルが違っていたとしても、他の兄弟がレッスンしているのを横で聞いているだけでも勉強になります。殆どの方は、日頃英語を使う環境にないと思うので、生で英語が話されているのを見るのは、吸収力が違います。

オンライン英会話・メリット2

オンライン英会話は、自分の好きな時間にレッスンを受けられるし、スクールまで行く時間もないので、忙しい子供でも勉強し易いです。

また、キャンセルも数時間前まで受け付けてくれるところが多いので、急な予定や病気などでレッスンを受けられない時も、レッスン代が無駄にならず勿体なくありません。

スポンサーリンク

親子で英語

今後の英語教育は、今までの受験英語から使える(話せる)英語へとシフトしていきます。

英語活動では簡単な英会話を勉強するので、「学校で英語を話すのが恥ずかしい」とならないように、家庭でも同じようにやってみるといいですね。

難しいものではなく、簡単なもので十分です。

英検にチャレンジ

英検は5級からあります。初めて英語を勉強するお子さんにはいきなり5級は難しいので、まずは「英検Jr.(ジュニア)」をお勧めします。

英検ジュニアは、英検5級の前段階のテストで、ブロンズ・シルバー・ゴールドのレベル分けになります。

また、PCやタブレットで英検ジュニアの学習が出来(有料)、テストは会場に行くことなくオンラインでも受験できます。

アプリ

子供向けのアプリも色々出ています。

アプリだけで、子供が英語を勉強するのは難しいと思いますが、耳を英語に慣れさせたり、単語を覚えたりするのはちょうどいいですね。

スポンサーリンク