お出かけやおしゃれ好きmisaのブログ

毎日の生活に役立つ情報を集めました。

買う前に必ずチェック!【体型別】似合う浴衣の色・柄の選び方

   

風鈴を持つ浴衣美人

夏祭りや花火大会の季節になると、浴衣を着て出かけたくなります。浴衣を着るなら、やっぱり少しでも「素敵」って思われたいですよね。

その為には体型にあった浴衣を選ぶことも重要です。

コンプレックスもしっかりカバーできる体型別のおすすめ浴衣をご紹介します。

スポンサーリンク

 

 背が低い人

花柄の浴衣

出典 http://item.rakuten.co.jp/cream-dress/sa39-03/

小柄な女性の方におすすめの浴衣の柄は、小さい柄で淡い紫や水色、クリーム系の色などの柔らかい印象の色柄です。

ピンクや赤などのはっきりした色や、大柄の浴衣だと少し子供っぽい印象になってしまうかもしれません。

こちらの浴衣のように大人っぽい柄だと、上品に大人っぽく着こなせそうですね。

浴衣は基本的にフリーサイズですが、おはしょりが4~5cmくらいなのがベストです。

袖は手のくるぶしにかかるくらいが、可愛く着こなせますよ。

帯はちょっと高めに結び、折り返して裏地を見せることで視線を上に持っていくことが出来て、かっこよく着こなせますよ。

背が高い人

モダンな浴衣

出典 http://item.rakuten.co.jp/bankan-ya/yukata_sijira_set-1047/

すらっと背の高い女性におすすめなのは、大きな柄です。

渋めの大柄を着こなせるのは背の高い女性の特権ですよね。

背の高い女性だと、おはしょりが短くなるとおもいますが2~3cmくらいでれば大丈夫です。

袖は長めよりは短い方が粋でかっこよく着こなせますので、手のくるぶしにかかるか、短いくらいが良いでしょう。帯は少し下げ気味で結ぶと全体のバランスが良くなります。

スポンサーリンク

 

細身の人

花柄の浴衣

出店 http://item.rakuten.co.jp/cream-dress/sa39-10-j/

浴衣は少しふっくらしている方が似合う、とも言われていますが、細身の女性だって似合った物を選べばとっても素敵に着こなせます。

着こなしのポイントは、青や紫などの寒色系ではなくて、赤やピンクなどの暖色系を選ぶことです。

柄も小さいものより大きい柄がおすすめです。

帯もシンプルよりはボリューム感のある色や形がおすすめです。

胸元や腰のあたりは少しふっくらさせるように調整すると一層美しく着こなせます。

ぽっちゃりの人

紺の浴衣

出典 http://item.rakuten.co.jp/so-bien/yuset-r2-brand905ok/

いつもはLサイズかLLサイズを着ている、という方でも浴衣は大体フリーサイズで売られていますのでご心配なく。

浴衣の良さは体型に合わせてサイズを選べなくても着られるところにあります。

ぽっちゃりさんに選んで欲しいのは、寒色系や黒、紺など引き締め効果のある色に、シンプルな柄です

生地も麺素材などの薄めで軽やかなタイプがおすすめです。

ぽっちゃりさんは一番浴衣が似合う体型であると言われていますので、シンプルにさらりと着こなしましょう。

まとめ

普段は着ない浴衣を着ると背筋がぴんと伸びて、気持ちまでおしとやかになりますよね。

せっかくの浴衣を着崩れしにくくするためには、背筋を伸ばし、小幅で内股気味に歩くのがポイントです。

日常の忙しい毎日では小幅の内股で歩いていられない人も、浴衣を着た日はゆっくりおしとやかに、大和撫子になりきりましょう!

スポンサーリンク