お出かけやおしゃれ好きmisaのブログ

毎日の生活に役立つ情報を集めました。

パパが喜ぶ父の日の手作りプレゼント。子供が簡単にできるものを紹介

      2016/04/07

パパにあげる父の日のプレゼントの例2016年の父の日は、6月19日です。

まだ先の話のようですが、今から準備を始めて今年の父の日のプレゼントは、子供と一緒に手作りしてみましょう。

「でもうちの子はまだ小さいから、一緒に作るのは無理?」

いえ、そんなことはありませんよ。それぞれの年齢に合わせて、赤ちゃんからでもお手伝いできるプレゼントをご紹介します。

「そもそも何をあげたらいいのか、分からない」という方もこれを読んだらプレゼントのアイディアが浮かぶかも!

それでは、パパが喜ぶ父の日の手作りプレゼントのランキングやアイディア、作り方などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

パパが喜ぶプレゼントのランキング

父の日に何をプレゼントしよう?と悩んでいる方もいるでしょう。

まずはパパが何をもらうと喜ぶのかを探ってみましょう。

マッキャンエリクソン社という国際広告会社が発表している「リアルファーザープロジェクト」に、父の日にパパがもらってうれしかったプレゼントという記事があります。

そこから分かったパパが喜ぶプレゼントに共通していることは、3つありました。

  • 1つ目は、お子さんの成長が感じられるもの。
  • 2つ目は、親子・家族の絆を再確認できるもの。
  • 3つ目は、子供の「はじめての○○」

でした。その結果、ランキングには手作りのものや感謝の言葉、手料理、お手伝いといったお金では買えないものが多くランクインしています。

<ランキング>
5位 手作りのプレゼント
4位 肩たたき
3位 感謝の手紙
2位 父親の似顔絵
1位 感謝の言葉

出典 http://www.mccann.co.jp/insights/realfathers/topics/070601.html

父の日の手作りのプレゼントのアイディアと作り方

赤ちゃんと一緒に作る父の日のプレゼント

父の日の手作りプレゼント

http://profile.ameba.jp/chocolatemajic/

赤ちゃんが作るパパへのプレゼント

http://profile.ameba.jp/chocolatemajic/

赤ちゃんでもお手伝いできることはあるんですよ。

例えば赤ちゃんの手足にインクをつけてスタンプというのはどうでしょう。

パパへの手紙にスタンプを押せば赤ちゃんとママの手作りのメッセージカードになります。

水性顔料系のインクパッドを使えば、洗濯しても色落ちしないので布にもスタンプできます。

赤ちゃんの手足型で特製Tシャツを作ってもいいですね。

落書きができるようになった幼児が作る、父の日のプレゼント

手先が少し器用に動かせる年齢になっているお子さんなら、シールやマスキングテープ、カラーペンを使ってデコレーションをお手伝いしてもらいましょう。

デコレートするものは、パパの好みを取り入れてみてもいいですね。

例えば車好きのパパになら、洗車グッズをデコってみるのはどうでしょう。

パパの趣味が取り入れにくいときは、パパご愛用の髭剃りグッズを収納するケースなどをデコるという手もあります。

aika5575さん(@aika5575)が投稿した写真

らくやきマーカーなどのペンを使って陶器をデコってもいいですね。作り方は意外と簡単です。

  1. 100円ショップなどで、オーブン調理に使える食器やお皿を用意します。
  2. 用意した物に専用マーカーを使ってお子さんに落書きをしてもらいます。
  3. オーブンレンジ220~230度で20分ほど焼き付けます。
    これだけで簡単にオリジナルのコップやお皿が出来上がります。

お手伝いができるようになったこどもが作る、父の日のプレゼント

少し大きくなって、お手伝いができるようになったら定番プレゼントの「肩たたき券」などのお手伝い券もいいですね。

お子さんがまだ字をかけないのなら、お子さんの顔写真を紙に貼ってお手伝い券を手作りしてはどうですか?

お手伝いの種類も、飼っているペットのお世話をパパとするや、パパと一緒にお風呂に入るなど、パパと一緒にできるお手伝いもおすすめです。

スポンサーリンク

 

小学生が作る、父の日のプレゼント

料理

父の日に子供が作る料理

http://www.kagome.co.jp/recipe/detail/A00938.html

お子さんが簡単なお料理を作れるくらいになったら、簡単なお菓子やご飯を作ってもいいですね。

市販のホットケーキミックスやゼリーの素などを使えば簡単にデザートを作ることができます。

かわいいカップや抜型を使ったり、チョコペンやアイシングを使ったりしてデコればかわいいデザートが作れます。

全部を作るのが難しいなら、市販のプリンやスポンジを買ってきてパパと一緒に飾り付けを楽しむのもおすすめ。

子供と一緒に作るデザートはきっと格別のおいしさです。

お子さんのお料理の腕前によって、サラダ一品からメインのお料理と、担当するお料理を考えましょう。

包丁が使えなくても、調理はさみを使ったり、レタスなどは手でちぎったりして簡単なサラダなら作れますね。

工作

父の日にプラバン

http://miyamama.com/arc/handmade_toy.html

男の子も女の子も大好きなプラバンで、プレゼント作りもいいですね。

こんなキーホルダーやストラップなら、パパの職場でもちょっと話題になりそう!

きちんとした絵が書けない小さいお子さんでも、ママがサポートすれば安心ですね。

他には、牛乳パックや空き缶を使った工作もおすすめです。

画用紙や紙粘土などを使ってペン立てやマグネットを作ってみてはどうでしょう。

ネットを検索すると、いろいろな作品の作り方が紹介されています。

ラッピングに凝ろう

父の日のラッピングワイシャツ型など

http://atarita.sagafan.jp/e381939.html

父の日のプレゼントを子供が手作りするのは、ハードルが高いな・・・という人もこれならきっと大丈夫です。

プレゼントをかわいくラッピングしてみましょう。

プレゼントと一緒に渡すメッセージカードを手作りするのもおすすめです。

パパの似顔絵を描いてメッセージカードにしたり、赤ちゃんの足型にひと手間かけて似顔絵のようにしたりしてもいいですね。

父の日のプレゼント

パパが喜びそうな手作りプレゼントのアイディアは浮かびましたか?

パパの欲しいものが分からないという時は、パパが喜ぶプレゼントのランキングを思い出すといいですね。

何をあげるのかも大事だけれど、パパが欲しいのは「ぬくもり」を感じられる感謝の言葉や家族の笑顔、そして家族が一緒に過ごす時間なのです。

それを忘れないで、パパにとって特別な1日になるようにみんなで楽しみながらプレゼントを準備しましょう。

スポンサーリンク