神戸みなとまつりの屋台グルメや芸能人のゲスト、駐車場はどこ?

花火大会

兵庫県で行われる神戸みなと祭りは、比較的新しいお祭りで今年で15回目を迎えます。

正式名称は「Kobe Love Portみなとまつり」といい、ゲストがたくさん来たりと、とても盛り上がるお祭りですよ。

・祭りの見どころ
・混雑情報
・子どもも楽しめるイベントはある?

などの気になる情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

神戸みなと祭りの基本情報

日程2016年7月17日(日曜日)~18日(祝・月曜日)
時間:両日とも10:00~20:00
会場:兵庫県神戸市中央区新港町2-5(新港第二突堤)

スポンサーリンク

神戸みなとまつりのアクセス

阪神高速道路京橋ICから約5分。

周辺には、特設や臨時の駐車場は設置されません

有料駐車場は周辺にありますが混雑は必至ですので、なるべく公共交通機関で来場することをオススメします

電車

ポートライナー、ポートターミナル駅から徒歩約15分
JR三宮駅から徒歩約20分

無料送迎バス

発着時間はまだ決まっていませんが、JR三宮駅、元町駅、神戸駅より無料送迎バスが出ますので、是非有効にご利用してくださいね。

神戸みなと祭りの交通規制

神戸みなと祭りは交通規制は行いません。ですが周辺道路は大変混雑しますので、計画的な来場をしてくださいね。

スポンサーリンク

神戸みなと祭り・エリアと見どころ紹介

このお祭りでは3つのエリアに分かれ、それぞれで様々なイベントが開かれます。

ランドエリア

バイクのアクロバットショーや、憧れている男の子もたくさんいる特殊車両の展示などが人気です。

子連れに嬉しいキッズブース

大きな船のオブジェを木の枠で組み立てたりするイベントを行います。スタンプラリーもあり、全部集めたら景品がもらえちゃうんです。アクティブに遊べるし、子供達には嬉しい場所ですよね。

マリンエリア

消防艇の放水や、巡視艇などの水上パレードがとても迫力があります。モーターボートに乗れる体験航海やヘリコプターの体験試乗がとても人気です。

体験セイリング

操船体験や船内探索など、船にまつわる様々なことを体験し学ぶことが出来るイベントです。

セイリングは有料となっていて90分でゆっくり港を周回します

17日のみのイベントになっており参加人数が限られていますので、興味のある方はお早めに来場してくださいね。

ステージエリア

イーストとウエストでステージが分かれていてキッズダンスやライブなどを行います。

ステージライブのゲスト(予定)

今が旬の芸人やタレントも2日間を通してやってきますよ

ファンの方や子供達には見逃せないイベントですよね。

17日:トレンディエンジェル、コロコロチキチキペッパーズ、銀シャリ、ピスタチオ、筧美和子、橋本マナミ
18日:おかずクラブ、8.6秒バズーカ、渡辺直美、筧美和子

神戸みなと祭り・屋台

屋台は例年約70店舗ほどが出店しているようです。

通常のお祭りの屋台とは違い、定番のお祭りメニューよりも飲食店が屋台として出店しているのが特徴です。

「国際屋台」とも呼ばれていて、世界各国の料理が食べられる屋台もたくさん出ています

1度に色んなお店のメニューや色んな国の料理が食べられるので、飽きることなく見て周れそうです。

屋台対抗カレー対決「フェスカボ」

屋台ブースの一部にて「カレー」の対決が行われます。

カレー味ならなんでもOKで、参加屋台の趣向を凝らしたカレーメニューが参戦します

購入した人が投票し、順位が決まられますので、この夏らしい対決に是非足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク

神戸みなと祭りの浴衣割引

浴衣を着た男女の子供

詳細はまだ発表されていませんが、浴衣で行くと嬉しい特典や割引があるそうですよ

浴衣を着るだけでもわくわくしますが、特典があるとなるとその気持ちも2倍ですよね。是非浴衣を着てお祭りに行ってみてくださいね。

神戸みなと祭りの混雑情報

2日間の動員は合計20万人程といわれています。

会場がとても広いので、体感はそんなに来ている感じももしかしたらしないかもしれません。

ただ、やはり目玉のイベントの時間が近くなるお昼過ぎくらいからはピークの混雑が予想されますので、なるべく混雑を避けたい方は午前中に来場したほうがいいかもしれません

様々なイベントを見て周ると自然と滞在時間も長くなりますので、日焼けや熱中症対策は万全にして挑んでくださいね。

スポンサーリンク

神戸みなと祭り・まとめ

歴史が新しめというだけあってか、見るだけ食べるだけではなく来場者参加型のイベントがたくさんあってとても楽しいお祭りです。

少しフェスのような盛り上がりに似てるかもしれませんね。

ご家族、お友達、カップル、どの世代で行っても間違いなく楽しめるのではないでしょうか

楽しい夏の思い出になること間違い無しですよ♪

スポンサーリンク







関連記事と広告