お出かけやおしゃれ好きmisaのブログ

毎日の生活に役立つ情報を集めました。

ちょっとしたメイク法で、薄い唇をぽってり唇に!憧れの小顔に!

   

シェーディングの入れる場所ベースメイクは、どこまでしますか?

ファンデーションを塗るだけじゃなく、シェーディングやハイライトを使って、立体感メイクにする事ができます(^^)

立体感メイクにすることで、お顔もキュッと小顔に見えます♪

メイクの中に、こっそり影を仕込んで、立体感メイクに挑戦してみましょう。

更に「唇が薄いから、厚めの唇にしたい!」という場合も、シェーディングが効果的なんですよ。

今回は、シェーディングメイクの方法をご紹介いたします♪

スポンサーリンク

 

影の出来る場所って!?

自分のお顔を、鏡でよく観察してみてください。

どこに影ができますか?

鼻筋、フェイスラインなどに影ができますよね?

ファンデーションをつけた後に、そこに影を作っていきます。

シェーディング用のパウダーも売っていますが、アイブロウパウダーや、パールの入ってない薄い茶色のアイシャドウでも代用できます♪

シェーディングを入れる時の道具ですが、指だと濃く付きすぎるし、アイシャドウチップでも濃く付きすぎるので、小さなブラシが良いです。

1センチ幅くらいのブラシに含ませ、軽くティッシュの上でなじませてから乗せてください。

まず、眉頭の下に真っ直ぐ下ろすように鼻筋の両横にシェーディングをいれます。

濃くならないよう、薄く入れてファンデーションとなじませてください。

これだけで、鼻が高くなったように見えますよね!?

小さなブラシが無いときは、眉を描いたら眉頭を指で下にスッと伸ばすと、下に伸びたアイブロウが自然に影となって同じような効果があります(^^)

そして、外側のフェイスラインに大き目のブラシでうっすら影をいれます。

これだけで、グンと小顔になれます♪

鏡を見ると驚くと思いますよ♪

フェイスラインも、鼻筋も、薄〜く入れてくださいね!

濃く入れると、すごく怖いです(笑)

スポンサーリンク

 

こんな所にも影を入れるとGOOD!

ぽってり唇のメイク方法

http://news.livedoor.com/article/detail/8415885/

それは、下唇の下です(^^)

え!?と思いますよねぇ?(^^)

でも、騙されたと思って、いちど下唇の下に小さく横楕円形に影を入れてみてください!

とたんにポッテリぷっくり唇になれるんです♡

唇が薄くてお悩みの方には特にオススメです。

一度ここに影を入れだすと、毎回必ず下唇の下に影を入れないと気が済まなくなります(笑)

元々、薄い唇が悩みだったので、なんとかして唇を厚くできないかな、、、と私が考えついた方法です(笑)

芸能人で言うと、石原さとみさんや、北川景子さんのような、魅力的なポッテリ唇を手に入れる事ができます!

影を入れると入れないでは、本当に唇の厚みが変わったように見えるのです!

下唇の下にシェーディングを入れるときは、意外ですが、少し濃いめでも悪目立ちしません!

本物の影のように見えます♪

リップライナーでほんの少し大きめに縁取って、さらにシェーディングで影を付けて、ポッテリ唇メイクを是非楽しんでみてください!

まとめ

シェーディングを入れるときは、パールの入っていないものを選んでください。

パールが入っていると、ベースメイクからシェーディングだけが浮いてしまうんです。

本来高く見せたい場所にパールでハイライトを入れるので、ローライトであるシェーディングは、パールが入っていては意味が無いのです。

マットな質感の薄茶色が目安です♪

アイブロウパウダーは、パール入ったものは少ないので、とても使いやすいです♪

チープなブランドでも、セザンヌやキャンメイクなどからもアイブロウパウダーや、シェーディングパウダーが出ていますので、お試し下さい♪

自分のお顔を鏡でよく観察して、高く見せたい部分、低く見せたい部分を探し、そこを上手くお化粧で引き出してあげるだけなのに、ものすごく立体的なお顔になれます(^^)

日本人の顔立ちは、元々凹凸が少ない平坦な顔の作りなので、シェーディングの入れ方次第では外国人風なメイクも出来ちゃいます♪

せっかくメイクするのですから、自分が一番輝けるメイクを研究して、素敵女子を目指しちゃいましょう♪

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
ネイリスト・mika

ネイリスト・mika

ネイリストのお仕事をしています。 幼稚園と小学生の2児のママ。 ネイルはもちろんのこと、コスメ・美容が大好きです★