お出かけやおしゃれ好きmisaのブログ

毎日の生活に役立つ情報を集めました。

2016年はペアギフトで母の日父の日を一緒にまとめてプレゼント!

      2016/04/07

カーネーションとプレゼント

5月の第2日曜日は母の日、6月の第3日曜日は父の日です。

日頃の感謝の気持ちを伝えられる大切な日です。

今年のプレゼントはもう決まっていますか?

いつもは別々に贈っているけど、今年はいつまでも仲良くいて欲しいという気持ちを込めてペアギフトを贈ってみてはいかがですか?

母の日・父の日の人気のペアギフトをご紹介します。

スポンサーリンク

 

母の日・父の日ペアギフト、どんなものがある?

男女ペアの贈り物…となるとどんなものがあるでしょうか?
ぱっと思いつくのは

  • 指輪や時計などのアクセサリー
  • マグカップ、夫婦茶碗

などですよね。

ご夫婦となると、指輪やマグカップなどはすでに持っていて使っているということもあると思います。

もちろんご両親にとってお子さん達からの心がこもった贈り物をされるのは何でも嬉しいものです。

でも贈り物をする方は、ちょっと驚いて喜んだ顔も見たいですよね。

母の日・父の日ペアギフト 人気はコレ!

温泉旅行

ご両親は子どもがいくつになっても子ども達の行きたいところや食べたい物を優先してくれますよね。

そんなご両親に夫婦でゆっくり楽しんできてほしいという気持ちを込めて温泉旅行の贈り物はいかがですか?

移動にかかる料金もパックになっている新幹線ツアーもありますよ。

ディナーチケット

子どもが産まれてから優雅なディナーなんてしたことない…というご両親もきっと多い思います。

私にも娘がいますが、一体いつになったらゆっくりご飯を食べれるんだろう?と思うことがあります。

そんなご両親にディナーチケットの贈り物はいかがですか?

  • 憧れの外資系ホテルのレストラン
  • クルージングで夜景を見ながら料理を楽しめるプラン

など様々あります。

ペアパジャマ

父の日と母の日のペアパジャマ

出典 http://www.pajamaya.com/fs/pajamaya/2721631

見てるこっちが恥ずかしい~!と子どもからしたら思いますよね。

でもご両親はお子さんが産まれる前はご夫婦。

仲良くペアルックを着てデートを楽しんでいたこともあると思います。

ご両親もさすがに外でペアルックはちょっと恥ずかしいでしょうから家で着られるペアパジャマはどうでしょうか?
ご両親が仲良くしている姿を見るのは、子どもにとっても幸せなことです。

スポンサーリンク

 

義理のご両親には何を贈る?

既婚者の方にとって、実の両親の他に義理の両親もいますよね。

これが毎年の悩みの種、という方も多いのでは?

私も毎年どうしよう~と悩んでしまいます。

特に、「あなたのご両親どんなものが喜ぶ?」と聞いても「よくわからない」と言われたときのあの絶望感…。

自分の両親が何を好きなのかよくわからない、という人も意外と多いですよね。

毎年同じように悩んでいる方におすすめの贈り物をご紹介します。

デジタルフォトフレーム

お孫さんの写真をデータに入れて、デジタルフォトフレームをプレゼントするのはいかがでしょうか?

デジタルなものは不慣れな方でも、プレゼントを渡す時に設定してあげれば特に他にやることはありません。

義理のご両親の好みがわからないとき、聞きにくいときにおすすめです。

商品券

好みがわからないからと言って、現金を渡すのはちょっと…

という方は商品券はいかがですか?

全国百貨店共通商品券は、どこの百貨店でも使うことが出来て便利ですよね。

他にも、旅行がお好きならJTBギフトカードなど、好みによって選ぶことも出来ます。

義理のご両親が商品券を使う機会が無くても、金券SHOPでお金に替えてもらうことも出来ます。

スイーツ、名産品

  • 美味しい物が好き
  • 果物がが好き

などの好みがわかっている場合は食品関係の贈り物がおすすめです。

名産品は北海道から沖縄までかなりの数がありますし、スイーツも毎年流行があります。

食品関係と決めておけば、長い間選ぶものに困らなくて済みますよね。

母の日・父の日、本当に嬉しい贈り物は?

色々な種類のペアギフトをご紹介しましたが、ご両親にとって本当に嬉しい贈り物とはなんでしょうか?

家族が集まっている画像

母の日にもらって嬉しかった贈り物

1位 感謝の気持ち
2位 手紙、電話

父の日にもらって嬉しかった贈り物

1位 感謝の気持ち
2位 手紙、電話

なんと、お父さん・お母さんともに嬉しい贈り物は『感謝の気持ち』なんです。

2位の手紙や電話も「お母さん、元気?」「お父さん、お仕事お疲れ様」の声や気持ちをもらっただけで、嬉しくなってしまうんですね。

もちろん、贈り物やカーネーションなどのお花を添えたらもっともっと気持ちは伝わると思います。

でも一番の贈り物は子ども達からの感謝や愛を伝える気持ち。

そして、子ども達が元気でいてくれればご両親にとってこんなに幸せなことはありません。

贈り物だけでなく、日頃の感謝や愛もたくさん伝えてあげてくださいね。

まとめ

実のご両親にとっても、義理のご両親にとっても子ども達が一生懸命に考えてくれた贈り物は本当に嬉しいものだと思います。

贈り物をされる側は「私のこと考えてくれたんだ」という気持ちが伝わると、何倍も何倍も嬉しさが増しますよね。

金額にこだわらず日頃の感謝の気持ちと一緒にプレゼントしてあげて下さいね。

スポンサーリンク