お出かけやおしゃれ好きmisaのブログ

毎日の生活に役立つ情報を集めました。

義母の母の日にプリザーブドフラワーをおすすめしない理由3つ

   

ピンクのフラワーアレンジメント母の日のプレゼントにプリザーブドフラワーは人気ですよね。

私は花屋で働いた経験があり、プリザーブドフラワーの資格を持っているほど「プリザーブドフラワー」が好きです。

ですが、義理のお母さんへのプレゼントにプリザーブドフラワーはおすすめしません!

その理由をご説明します。

スポンサーリンク

 

プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワーとは、生花(本物のお花)を特殊な液につけて、長期間枯れないように加工したものです。

飾っている環境が良ければ、2~3年は綺麗な状態を楽しめます。

プリザーブドフラワーをおすすめしない理由

理由1.知らない人には相場が分からない

プリザーブドフラワーは結構高いです。ちょっとしか入っていなくても5,000円ぐらいすることは普通。

ボリュームの多いアレンジメントを送るには1万円ぐらいは必要です。

プリザーブドフラワーの値段を良く知らないお義母さんだった場合、5,000円のプリザーブドフラワーを送っても2,000~3,000円ぐらいにしか見てもらえない可能性は高いです。

理由2.長持ちする

プリザーブドフラワーは状態が良ければ長持ちします。先ほども書きましたが2~3年は綺麗な状態で楽しめます。

次第に劣化はしていきますが、5年ぐらい飾れることも珍しくはありません。

これは、プリザーブドフラワーのメリットでもありますが、デメリットでもあります。

プリザーブドフラワーを贈る人は「花」を贈っていると思いますが、どちらかというと「置き物」「飾り物」に近いものです。

生花や鉢植えはそのうち枯れますが、もし、お義母さんの好みではないプリザーブドフラワーをあなたが贈った場合、プリザーブドフラワーが「枯れない」ので、数年間は飾らないといけないハメになります(;´∀`)

これが、実母だったら趣味も割と分かっているでしょうし、もし好みでなかったとしても「ごめーん、ちょっとインテリアに合わないのよね。」と気軽に言うこともできるでしょうけどね。

理由3.色移りがある

プリザーブドフラワーは色移りすることがあります。特に、赤や紫などの濃い色はかなり色移りしやすいです。

私も、部屋に赤のプリザーブドフラワーを飾っていましたが、その花びらが白い家具の上に落ちて、家具に色が着いてしましました。(T_T)

母の日のプリザーブドフラワーは赤を使っていることは多いです。

葉っぱのグリーンの色も要注意です。(こちらも色移りし易いです。)

プリザーブドフラワーを送ったら、たいていのショップは「プリザーブドフラワーの取り扱いの注意」を書いた紙を入れてありますが、字も小さいことが多いですし、機械ならともかく、そんなにしっかり「取り扱い説明書」を読まないことも多いですよね。

家具や壁などに色移りしないかどうかも心配です。

スポンサーリンク

 

プレゼントするならケース付きがおすすめ

プリザーブドフラワーはとてもデリケート。もともとは生花なので、花びらなどもとても薄いです。

飾っておくと、ほこりもかぶってくるので、プレゼントする場合はケース付きがおすすめです。ケース付きだと、色移りも安心ですね

おすすめはこちら↓↓↓

価格も税込み・送料無料で3,218円と安いですしデザインも可愛らしく、カラーも豊富です♪

ケース付きなので、ケースに入れて飾っても、出して飾ってもどちらでもOKです(^-^)

生花のアレンジメントなら


このアレンジメントは、私のイチオシです!

BOXに入っていて、手軽に飾ってもらうことができますし、とってもスタイリッシュです。

あまりお花の管理が得意でないお義母さんの場合、鉢植えは「枯らしてはいけない」というプレッシャーがあるかもしれませんが、こちらは「そのうち絶対に枯れるもの」なので、そういった心配も無用。

趣味に合わなかったとしても、短期間なので「贈ってくれた気持ち」を十分に感じてくれると思います(^-^)

まとめ

実母や、気さくになんでも話せるお義母さん、好みが分かっているお義母さんの場合は、プリザーブドフラワーはとても喜ばれると思います。

もしそうでない場合は、生花のアレンジメントや鉢植えがおすすめです。

今はカーネーションギフトだけでなく、あじさい、ゆりなどを贈る人も増えていますね。

おすすめギフトを選びましたので、こちらの記事もぜひ読んで下さいね(^-^)

スポンサーリンク