お出かけやおしゃれ好きmisaのブログ

毎日の生活に役立つ情報を集めました。

四谷大塚の全国統一小学生テストを受けた方が良い3つの理由

   

勉強している子供

四谷大塚の全国統一小学生テスト。

色んな都市の子供たちが出演しているCMが流れていますよね。

  • 受けてみたいけど、難しくて子供が自信をなくしたらどうしよう?
  • 受けて分かるのは順位だけ?塾からの勧誘がすごくなるんじゃない?

といった疑問があると思います。

私はぜひとも、興味があるならば受けてみることをおすすめします。

四谷大塚の全国統一小学生テストを受けるメリットをご紹介しますね。

スポンサーリンク

 

全国統一小学生テストの時期いつ?

  • 時 期:例年、テストは6月と11月の年に2回。
  • 受験料:無料

算数を解く子供

受けるメリット1.受験すると子供がどの位置にいるのかがわかる

学校の勉強もよくでき、少し物足りないなと感じている子が復習型で学校の授業のサポートをするタイプの塾に行ってももったいないだけです。

反対に、学校の授業についていけていない子が 先取りの進学塾に通っても意味がありません。

ますます「出来ない…」の思いが強くなるだけです。

まずはお子さんの成績が「同学年の子と比べてどのくらいの位置にいるか?」を知る事が重要です。

四谷大塚の全国統一小学生テストを受けて返ってくる結果についてまとめてみましょう。

スポンサーリンク

 

得点はもちろん全国の受験者数、順位がわかる

初めて受けると、「こんなに沢山の子が受けるんだ!」と驚くと思います。

2015年11月の3年生でおよそ23000人が受験しています。

都道府県別の順位がわかる

全国の受験者数が多いといっても、やはり首都圏や大都市に受験者は集中しています。

東京都で受験者数の半数を占めています。

都道府県別の偏差値ランキングも載っているので、自分の県での順位はどの位なのかを知ることも出来ます。

大都市圏では中学受験する子の人数も多いですが、受験できる学校の数も多く選択肢は幅広いです。

反対に地方都市では受験する子の人数は少ないですが、選択肢が限られています。

お住まいの都市によって、結果の見方も変わってきますね。

男女別の順位がわかる

男女別の順位もわかるので、共学校だとどうか?また女子校 男子校だとどうかを判断する良い材料になります。

2教科、3教科、4教科の結果も

関東では2科目、4科目が主流ですが、関西では少し事情が違うようです。

関西の難関校では算国理の3科目を受験科目にしている学校もあります。

灘中学が良い例です。

受けるメリット2.苦手な分野が分かる

分野別の成績も出てきます。

3年生11月の例だと
算数は ①計算 ②文章題 ③数・規則性 ④立体図形 ⑤平面図形の5分野について。

そのそれぞれの分野での難易度「知識」「思考」に分けた点数もきちんと出してくれます。

国語だと①漢字 ②言葉 ③物語文(ストーリー把握) ④物語文(心情理解)の4分野

算数と同じく難易度別得点も分かります。

我が子が受験した時、国語の漢字と言葉は満点でした。

ですが、③と④の物語文が70%しか得点できていなかったのです。

私の子供は、学校のテストはほぼ満点で、読書も割としている方なので、まさか物語文でこんなに得点を落とすとは思ってもいませんでした。

受験国語の文章の読み方、正確に問いに答える力を養わなくてはいけないと痛切に感じました。

受けるメリット3.テストの受け方が分かる

「テストに慣れておく」

これは本当に大事なことです。

大人でも慣れていない場所・雰囲気では実力が発揮できないものです。

問題を解く時の時間配分や、見直しをしやすいように解く工夫など、沢山の問題を効率よく解くテクニックはすぐには身につきません。

実践を重ねて身に着けていきたいものですね。

授業を受ける子供

まとめ

まずは「周りにはこんなに真剣に勉強に向き合っている同級生がいる!」
と知ること。

これってお子さんのモチベーションアップにはとても大きな影響があります。

まず、知る。世界を知る。意識する。

お子さん自身が意識しなければ、勉強の努力は意味をなしません。

スポンサーリンク