18金の黒ずみや赤く変色する原因は?変色したときのお手入れ方法

ゴールドのネックレスとリング

しばらくしまっておいた18金のアクセサリーを出してみたら変色していた!ということありますよね。

「18金って錆びたり変色したりしないんじゃないの?」

と思う方も多いと思いますが、18金が変色することはあるのでしょうか。

基本的に18金が錆びることはありません。

変色もしにくいとされていますが、18金には、金以外の成分が含まれています。

純金だと柔らかく、傷がつきやすいため、アクセサリーとして使用されるものは、銀や銅を混ぜ、強度をもたせています。

なので、18金のアクセサリーが変色してしまうこともあるんです。

そこで、

  • 18金の黒ずみの原因
  • 18金が赤く変色したときの原因
  • 変色したときのお手入れ方法

をお伝えします!

18金の黒ずみの原因

18金の黒ずみの多くの原因は、18金に含まれる銀が、皮脂や汗に触れることにより硫化するためです。

18金のアクセサリーをつけたまま温泉に入ってしまい、黒く変色した場合も同じことです。

また、塩化というケースもあります。

塩化銀は塩素と銀の化学反応です。

18金のリングをしたまま、塩素系漂白剤などを素手で触ってしまい、18金の中に含まれる銀と反応し、黒ずんでしまうのです。

スポンサーリンク

18金の黒ずみができた時のお手入れ方法

黒ずみができてしまったときは、まず軟らかい布でやさしく拭きましょう。

汚れの場合もありますし、変色してから時間が経っていなければ、これだけで綺麗になることもあります。

拭くだけでは綺麗にならなかった場合は、中性洗剤で洗います。

汚れて黒ずんでいた場合はこれで落ちるはずです。

これでもだめなら、硫化している可能性が高いので、その場合は、重曹を使います。

深めのお皿の上にアルミホイルを敷いて、その中に18金アクセサリーを入れます。

そこへ熱湯を入れます。

さらに重曹を入れます。

量は、水3:重曹1くらいの割合です。

そのまま放置し、お湯が触れるくらいになったら取り出し、水で流すだけです。

重曹につけている間にどんどん綺麗になりますよ!

でも、これでも綺麗にならなかったら、塩化している可能性が高いです。

塩化していると、黒ずみを取るのはとても難しくなります。

ジュエリーショップに持って行き、クリーニングしてもらうのが良いでしょう。

18金が赤く変色する原因

18金が黒ではなく、赤く変色してしまうこともあります。

原因は、18金に含まれる銅が酸化してしまうことです。

銅の酸化は、汗や油分、硫黄、酸素との化学反応が原因です。

スポンサーリンク

18金が赤く変色したときのお手入れ方法

黒ずみのときと同じですが、まずはただの汚れを疑いましょう。

乾いた布で拭き、それでも無理なら中性洗剤で洗ってみます。

それでもダメな場合は、お酢かレモン汁を使います。

少し深さのあるお皿などに、赤く変色してしまった18金のアクセサリーを入れます。

そこに、お酢かレモン汁を、アクセサリーが浸るくらい入れます。

そのまま10分待ち、水でよく洗い流せばOKです。

銅の酸化による赤い変色であればこれで綺麗になるはずです。

まとめ

金は金でも、純金以外は変色の可能性があります。

毎日のように使っているものより、きちんとお手入れしないまましまっていたアクセサリーのほうが変色していることが多いです。

それは、使用頻度が高いと、日々の生活での摩擦などで多少の汚れが落ちたりするためです。

また、よく使っていると、黒ずみなども早い段階で気づくので、早くお手入れできるんですよね。

逆に、しまいこんでいると、ビックリするくらい変色してから気づいてしまったり・・・。

そんなショックなことが起こらないように、使用したら、柔らかい布で拭く、たまに水洗いする、ということを心がけましょう。

もう一つ、温泉に入るときはもちろん、普通のお風呂に入るときも外したほうが良いです。

海も気をつけなければダメですよ!

化学反応を起こさないように、大切なアクセサリーがいつまでも輝くように、大切に扱いましょう。

スポンサーリンク







関連記事と広告