お出かけやおしゃれ好きmisaのブログ

毎日の生活に役立つ情報を集めました。

二人目の出産祝い|ママが貰って嬉しかった喜ばれるプレゼント5つ

   

二人目の出産祝い出産祝いを贈る時、2人目出産だと贈るものも悩んでしまうことも多いと思います。

ほぼベビーグッズは揃っているであろう2人目だからこそ、何を贈っていいのか悩みますよね。

そこで、実際に2人目出産祝いを貰って、ママが嬉しかったプレゼントを5つ紹介します。

これから、出産祝いを贈る人は是非参考にしてみて下さい(*´▽`*)

スポンサーリンク

 

出産祝いの定番!ベビー下着

下着って、1人目のものが残っています。

しかも赤ちゃんはすぐに大きくなるので、買い直すのも勿体なくてお下がりをするママは沢山います。

お下がりの下着は、少し汚れていたり、首元がヨレていたりするので、2人目にちょっと罪悪感を感じてしまうことも…。

そんな時に、お祝いで思いがけず新しい下着を頂くと嬉しいです。

選ぶ時には、肌触りの良いオシャレな下着を贈ると喜ばれます。

自分ではなかなかオシャレな下着を買ったりしないし、必ず使うものなので、プレゼントにはおすすめです。

いくつあっても嬉しいタオル類

出産祝いケープ

出典:http://gift.fcart.jp/eg0000142/

子供が小さいと何かとタオルが必要。

小さなハンドタオルから大きいバスタオルまで、何枚あっても困りません。

とはいえ、普通のタオルはちょっと…という人は、最近では赤ちゃん用のケープになるバスタオルバスローブにもなるバスタオルなど可愛いデザインのものも沢山あります。

タオル類は直接肌にふれることが多いので肌触りの良いタオルを選んで贈るといいでしょう。

お出掛け用のベビー服

赤ちゃんの頃は何かとお披露目や外出があるので、そんな時に着ていける、オシャレな服は喜ばれます。

下着同様、1人目のお下がりでいいや…と思うママもいるので新品のオシャレ服はありがたいです。

普段使いにベビー服を贈る場合は、センスやブランド色があまり出ていないシンプルな服が無難なようです。

また、兄弟お揃いの服なども贈ってもいいでしょう。

1人目のことも考えてもらっているというのが、ママは嬉しいですからね。

スポンサーリンク

 

なんでも嬉しい?!名入りの品物

名入れ・食器・出産祝い

出典:http://gift.fcart.jp/gV00AW30901/

最近は、お菓子や小物、食器など名前が入った品物も増えてきました。

名前があるだけで、持っているものでも2人目だけの特別な1つに感じます。

特にオススメは赤ちゃん用の食器など長い間使えるものです。食器なので子供が持ちやすく、耐久性があり、ママが洗いやすいものを選ぶのがポイントです。

長く使うものなので、シンプルなものが良いかもしれませんね。

迷ったら金券

出産祝いというと、品物を考えがちですが、何を贈ればいいか迷った場合は、ベビー用品店のギフト券や図書券などの金券も実は喜ばれます。

ママに出産祝いの本音を聞くと「本当は、現金が一番嬉しい」という声が多いです。

何かとお金が必要な時期ですからね!

ですが、現金だと現実的過ぎるので贈る側も躊躇いがちですよね。その点、金券なら現金よりも贈りやすいです。

一緒に紅茶やお菓子などのプチギフトを添えるなど、ママへの配慮があるとさらに嬉しいと思います。

あまり高いものだとお返しなど考えたり、負担を与えてしまいますが、手軽に使って貰えるプチギフトなら気持ちよく貰ってくれると思います。

上の子にも配慮を

上のお子さんへのプレゼントも入っていると、ママからはとても喜ばれます。

ただでさえ、赤ちゃんが生まれて、大人の注目が全部赤ちゃんにいってしまったような気分になっている上の子です。

赤ちゃんへのプレゼントがどんどん届くのに、自分の分はないというのは、小さい子供にとっては「赤ちゃんばっかり」という気持ちになってしまうかもしれません。

上の子供へのプレゼントは、

  • お菓子
  • 男の子ならミニカーや妖怪ウォッチ系
  • 女の子ならシールやおしゃれグッズ、かわいいキャラクターもの

など、高価なものではなくてもOKです。

「上の子供のことまで気遣ってくれた」という気持ちと、上の兄弟の喜ぶ様子を見て、とても有難く感じると思います。

まとめ

貰う側のことを考えて贈るのってなかなか難しいですよね。

2人目となると尚更考えてしまうものです。

贈るものを迷ったら気軽に聞いてみるのもいいかもしれません。

事前に聞いておくことでママや赤ちゃんが喜んでくれるものを選ぶことができるので安心ですね。

贈る側も相手に喜んでもらいたいものですので、相手にとってベストなものを選んであげてください。

貰う側も一生懸命選んで考えてくれたものは、きっと喜んでくれることでしょう。お互いに気持ちのいい出産祝いにしたいですね。

スポンサーリンク