ベルギーチョコレートで日本にないブランドや王室御用達は?

バレンタインにぴったりのハートのチョコレート

チョコレートと言えばベルギーですよね!

本場ベルギーのチョコレート食べたことがありますが、美味しすぎて失神しそうになりました。笑

日本には、クリスマスやバレンタインデーなどといったチョコレートメインのイベントがありますね。

  • 誰もが知る有名ブランド
  • 最近日本でも名前が知られるようになってきたブランド
  • 日本進出していなくてほとんどの人が知らないブランド

などいろいろあります。

いろんなチョコレートのブランドや各ブランドの特徴、ご紹介しますね!

ベルギー チョコレートで日本未上陸のブランド

ケーキ屋さんにディスプレイされたチョコレート

ベルギーのチョコレートブランドはどんどん日本に上陸してきています。

GODIVA(ゴディバ)、Delray(デルレイ)、Piere Marcolini(ピエールマルコリーニ)などは直営店なども構えていてとても有名ですよね。

しかしベルギーはブリュッセルを歩けば必ず視界にチョコレート屋さんが入っているほどたくさんのチョコレートブランドがあります。

まだ日本に未上陸。ベルギーのお土産などにおすすめというブランドご紹介していきますね。

Neuhhaus(ノイハウス)

ベルギーではゴディバと並ぶ高級チョコレートの老舗です。

店内のディスプレイがとてもかわいく、チョコレートのパッケージもとても素敵です。

大切な方へのギフトやベルギー土産におすすめです。

CORNE(コルネ)

比較的お手頃価格なのですが、とても美味しいチョコレートが手に入ることで有名です。

ベルギー国内ではとても有名なショコラティエです。

バラ売りから詰合せまでいろんな種類のチョコレートがあります。

La Belgique Gourmande(ラ ベルジク グルマンド)

チョコレートショップたたくさん立ち並ぶギャルリーサンチュベールにあります。

とても内装がかわいく、一番目立つお店です。

お手頃価格で美味しいチョコレートを購入することができます。

チョコレートだけではなく、クッキーやベルギーの伝統菓子なども売られているのでお土産などにおすすめです。

Mary(マリー)

マリーの一番の魅力はお花や動物などが描かれたかわいいパッケージです。

店内もふんわりとした女性らしい空間でふわっとした幸せな気分を味わうことができます。

高級チョコレートなので、特別な女性へのプレゼントにおすすめです。

Passion Chocolat(パッション ショコラ)

地元の方にとても人気のチョコレートショップです。

ひとつひとつ手作りで作られているので、市内に2店舗しかありません。

有名ショコラティエじゃなくて地元の人が好きなチョコレートがいい!と思っている人におすすめのブランドです。

保存料が入っていないのでとても安心して食べることができますよ!

スポンサーリンク

ベルギー チョコレートのブランドで王室御用達のもの

日本でも多くの人に愛されているベルギーのチョコレート。

ここだけは押さえておきたい!という有名ブランドや、王室御用達ブランド、ご紹介します。

トリュフチョコレート

WITTAMER(ヴィタメール)

100年もの歴史を持つ、王室御用達の有名チョコレートブランドです。

もともとケーキの専門店でしたが、チョコレートにも幅を広げて展開し始めました。

ひとつひとつ丁寧に作るチョコレートはゴディバやピエールマルコリーニよりおいしいという方も現れるほど味が洗練されています。

チェーン展開は基本的に考えていないそうですが、日本にはお店があるようですね!

食べたことがない方は一度試されてみてはいかがでしょうか。

Galler(ガレー)

板チョコメーカーからいろんな形のチョコレートを製造するようになりました。

板チョコは今でもスーパーなどで購入することができます。

サイズ小さめのチョコレートなのですが、これは一口で食べて口の中でチョコレートが解ける瞬間を味わってほしいという意図から小さめに作られているんです。

もちろん王室御用達で人気があります。

24色のカラフルな板チョコがおすすめですよ!

GODIVA(ゴディバ)

忘れてはいけません。チョコレート好きなら一度は食べたことがあるほど有名なゴディバ。

日本では特別な日に贈る高級チョコレートとして有名ですよね。

ゴディバももちろん王室御用達です。

現在は80以上の国に店舗があり、世界一有名なチョコレートブランドと言っても過言ではありません。

最近ではアウトレットモール内でゴディバを楽しめたりもします。

ベルギーチョコレートの有名ブランド

トリュフチョコレート

Jean-Philippe Darcis(ジャン=フィリップ・ダルシー)

ヴィタメールで修業したジャン=フィリップが独立して立ち上げたブランドです。

おすすめなのはガナッシュというシリーズで、とてもくちどけが滑らかで素材が口の中でふわっと溶ける感じがします。

ピエールマルコリーニに似てるという意見もありますが、ピエールマルコリーニよりお手頃価格であるため、コスパがとてもいいです。

マカロンなどもありますし、ブリュッセル本店には日本語が話せるスタッフがいるので安心してお買い物できますよ!

The Chocolate Line(ザ・チョコレート・ライン)

ユーモアと独自性のあるちょっと個性的なチョコレートショップ。

代表者のドミニク氏は世界5大ショコラティエに選ばれた人です。

ベーコン、醤油、カレーなどチョコレートからは想像もつかない斬新なフレーバーのものがたくさんあります。

甘いものが苦手~という方にも是非チャレンジしてほしいです!

Leonidas(レオニダス)

はじまりは小さなお店でしたが、みるみるうちに大きくなり、今では東京、パリ、ニューヨーク、ロンドンなど世界に展開するブランドとなりました。

看板商品はレオニダスマノンでヘーゼルナッツをホワイトチョコレートで包んだもの。

甘すぎるということもなく、ヘーゼルナッツとの相性も抜群でとても人気があります。

お店から漂うチョコレートの香りは、お店の前で立ち止まってしまうほどいい香りです。

お手頃に購入できることも魅力のひとつです!

まだ食べたことがないという方は一度食べてみてください!

スポンサーリンク

人気のベルギーチョコレート!日本にないブランドや王室御用達「まとめ」

いかがでしたか?

ベルギーにはまだまだ美味しいチョコレートショップがたくさんあります。

普段は日本では買えないチョコレートもバレンタインの時期になると限定販売があったりもします。

デザインもかわいいものばかりで迷ってしまいますよね!

自分にピッタリのチョコレートブランド、探してみるのも楽しいかもしれませんよ!

スポンサーリンク







関連記事と広告