お出かけやおしゃれ好きmisaのブログ

毎日の生活に役立つ情報を集めました。

ピアノの習い事・お教室。月謝の相場は?レッスン以外の費用も!

      2016/03/08

ピアノ教室の月謝ピアノ講師の「ゆき」です。

全てにおいてクリア☆のお気に入りのピアノ教室がみつかった!けれども

  • 発表会等への出席
  • 先生の演奏会
  • 練習する楽曲の音源や楽譜・施設費や冷暖房費

など、イレギュラーに発生する「出費を伴うご案内」に慌てたり、なんとなくピアノ教室に不信感を覚えてしまったり…、そんなことは避けたいですね。

子供が楽しく通っていたら尚のことです。

今回は、「お気軽に♪どちらでもいいですよ」といわれる程迷ってしまう、子供が趣味でピアノを習う上で必要なお金の話ですよ♪

スポンサーリンク

 

個人レッスンの月謝の相場はどれくらい?

個人の教室の場合

先生のお宅でのレッスン

年間40~45回の設定で、30分3000円~7000円、という先生が多いようです。

個人で設定できる分、先生の都合も関係し幅も広くなります。

そこから指導する曲が増えたり、小学生に上がるなどのタイミングで1000円、2000円とあがることもあります。

レッスン時間が伸びる為月謝が上がる、ということもあります。

気楽に来てほしい、という思いで1レッスン500円、という1コイン制でしている先生もいます。

会社という母体がない分お手頃価格のところが多いでしょうね。

生徒の自宅で出張レッスン

交通費、移動時間などが加味されて、自宅レッスンより1000円~3000円プラスされた設定になっていることが多いです。

金額が上がりますが、お仕事をされてて日中忙しいママや、他の習い事との兼ね合いで調整が難しい方などには時間を有効に使えるでしょう。

大手の音楽教室、カルチャーセンター、学童保育のピアノレッスン

講師の自宅ではなく、運営事務局があり外に設けてある教室でレッスンをする場合は、月謝以外に

  • 教材費
  • 施設利用費
  • 空調費

がプラスされることが多いです。

徴収方法は1年に1度、半年に1度、毎月、と様々です。

カルチャーセンター

5000円~8000円の設定が多いようです。

学童保育

5000円前後。学校で行われる為、教材費も良心価格の設定が多いです。

大手の音楽教室

月4回だと7000円~が多いです。

教材費は3000円前後で、月々の支払に入ることが多いようです。

他に

  • 入会金
  • テスト代
  • グレードアップに伴う月謝アップ

等で変わってきます。

事務局がある分、費用はかかりますが、体制が整っていて安心ですね!

だいたいの金額ですが、皆さんが検討している教室と照らし合わせてみてくださいね♪

スポンサーリンク

 

発表会の参加は必須?演奏会って行くもの?

発表会への参加

発表会の経費は、

  • 場所代
  • 機材や楽器レンタル代
  • プログラム代
  • お手伝いのスタッフやゲスト演奏者への謝礼
  • ピアノ調律代、生徒へのお疲れプレゼントや花代

などです。

加えて写真代、CDやDVD代は購入が任意であることが多いです。

生徒やお母さんが手伝ったり、先生が自分で全部やればもちろん費用も低くなり6000円程度ですむことも。

楽器店などに外注すれば、場所のスケールにもよりますが1万5000円ほどになる場合もあります。

発表会後に経費内訳を示してくれる先生なら更に安心ですね。

決して安い金額ではありませんが、個人的に発表会は参加することをお勧めします。

日頃の練習の集大成をお披露目する日です。いつもより少しおめかしして気分もうきうきします。

そして人前で披露するという緊張感を味わうことは悪いことではありません。

私も子供の頃は発表会が楽しみでやっていたところも随分あります♪

先生や、先生おすすめの演奏会への出席

個人にしろ団体にしろ、リサイタルを開ける技術がある先生に習えるのは嬉しいことですね。

ただ金額が発生するチケットを趣味で習いに来ている生徒さんに購入してもらう、というのはあまり一般的ではないと思います。

もし案内されたら子供の意志をまず聞いてみてください。

尚、先生の演奏は発表会のときに聞けることが多いですので、楽しみにしていてくださいね♪

レッスンに関する月謝以外の費用

楽譜代&楽曲の音源

楽譜に関しては、進みに応じたものを先生が探してきてくれたはずなので必要なものと考えていいですよ(^-^)

もし「この本全部やるのかな?」等、疑問があれば先生に問い合わせましょう♪

音源は、楽譜とセットになっているものでなければ、別で用意することになりますが、必須ではありません。

ピア二ストによって癖もあります。

欲しいと思った時に先生に相談してみてください。

先生がおすすめの演奏を教えてくれたり、ダビングしてくれることもありますよ☆

まとめ

月謝以外にお金がかかるシーンって割とありますね。

教室を決める際に、1年を通してかかる費用や父母の出番、などを気後れせず細かく聞いておきましょう!

事前に把握していればゆっくり考えられますし落ち着いて対応できます。

トータルの金額で余裕をもって通わせられると判断できた教室なら、頑張るお子さんをより一層応援してあげられますね!

★こちらの記事もぜひお読みください(^^)
↓↓↓
子供のピアノや音楽についての記事一覧

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
ピアノ講師・ゆき

ピアノ講師・ゆき

ピアノ講師のゆきです。お子さんがピアノを習う時のよくある疑問についてお答えしています。