未使用はがき・古い年賀状はがきは金券ショップで買取できる?

年賀はがきとキーボード

部屋の整理をしていると、あったことも忘れていた未使用のはがきやあまった年賀状がでてくることないですか?

使わないけど、捨てるのはもったいない!

けど、手元にあっても仕方ないですよね。

 

「切手の値段も変わっているから、未使用はがきって金券ショップで買取してくれるの?」

「古い年賀状は捨てるしかないの?」

 

お家で見つけた未使用はがきなど金券ショップで買取してくるのかをお伝えします。

書き損じはがきも買取してくれる?

郵便はがき

金券ショップでは、書き損じはがきも【買取できます】。

普通のはがきでも、年賀状でも、かもめーるでも大丈夫です!

買取してくれるお店によってルールはありますが、まずは「はがき」の種類です。

郵便局で買える「はがき」が買取の対象です。

  • 普通のはがき
  • 年賀状
  • インクジェット用のはがき
  • エコーはがき
  • かもめーる

など…。

買取不可な「はがき」もあります。

『私製はがき』は基本的に未使用でも、書き損じでも【買取はできません】

この「私製はがき」は文房具屋や100均などでも買える「はがき」のことです。

「はがき」を出す時に、切手を貼らないと配達してもらえないタイプのはがきです。

郵便局で買った「はがき」を書き損じた場合のみ、【買取ができる】ということです。

ただし、買取をしてくれるお店によっては買取ルールがあります。

  • 相手・自分の住所まで書いてある場合は黒マジックで塗りつぶす

(住所すべて書いてある場合は買取不可のお店もあります)

  • 破れている「はがき」はダメ
  • はがきの額面部分が汚れているのはダメ
  • 未使用のはがきのみ

お店によって多少の違いはありますので、お店に問い合わせて確認する必要があります。

ちなみに、書き損じたはがきは買取以外にも「交換」ができます。

郵便局での交換が可能です。

「普通のはかき」や「切手」などへの交換になります。

手数料がかかりますが、住所まで書いてある書き損じはがきを金券ショップで買取するのはちょっと抵抗がある…

という方は、郵便局での交換もいいですね。

スポンサーリンク

未使用切手や往復はがきの金券ショップの買取は?

切手

書き損じ以外にも、「未使用の切手」を金券ショップで買取ができます。

往復はがきやレターパックも買取してくれるお店があります。

この場合も『郵便局で買えるもの』が買取可能ということです。

そして、【未使用のみ】ということも同じです。

「未使用だけど、切手シートになっていない…」

「古い切手で今の額面ではない…」

「少し黄ばみがある往復はがきだけど…」

など、お家で見つけた時に金券ショップで買取してくれるのかなと疑問に思いますよね。

 

未使用で破れたり汚れたりしていなければ、ほぼ買取ができます!

 

ちなみに、未使用だからと言って額面と同じ金額での買取はありません。

商品券と同じで額面以下での買取になることは覚えておきましょう。

 

切手の場合ですが、「バラとシート」での買取金額も変わります。

お店によって違いはありますが、買取相場があります。

 

バラの切手の買取相場

額面の70%~80%くらいで買取

 

シートの切手(100枚綴りになっている)の買取相場

額面の80%~90%くらいで買取

 

切手数枚の場合は懸賞はがきに貼って使うほうが、もしかしたらお得かもしれません。

バラでも枚数が多い場合は、一回郵便局でシートに交換してから買取でもいいでしょう。

未使用はがき・古い年賀状はがきの買取「まとめ」

お家にずっとあった未使用の切手や往復はがき。

年賀状などの書き損じはがき。

捨てずに金券ショップに持っていくことができます。

額面以下の買取にはなりますが、使わずに置いておくなら!

書き損じだから捨てようと思っていたなら!

現金化にして、おこづかいにするのでもいいですよね。

最近は切手コレクターだった家族が亡くなってしまい処分に困り金券ショップに持っていく場合もあります。

郵便局での交換も可能ですが、また使わずにそのまま…

なんてこともあるかもしれませんので、金券ショップで買取してもらうのもいいかもしれません。

スポンサーリンク







関連記事と広告