鈴虫寺のお守りは通販で郵送してもらえる?恋愛成就の効果は?

ハートの絵馬

願い事が高確率で叶えてくれるお地蔵さまがいると注目されている鈴虫寺ですが、本当に願い事が叶うのかどうか気になるところですよね。

鈴虫寺のお守りの効果やご利益はどのくらい期待できるのでしょうか?

また、京都から離れた地域にお住まいの方など、なかなか鈴虫寺に行くことができない場合、通販などで購入は可能なのでしょうか?

ここでは、鈴虫寺のお守りの効果や、通販形式での購入方法についてお伝えします。

鈴虫寺のお守りを郵送してもらうには?

お地蔵様のイメージ

鈴虫寺のお守りは通販での購入、郵送も可能です。

ただし、以下の条件を満たす方にのみ郵送の対応をしていますので、ご注意ください。

  1. 過去に鈴虫寺を参拝したことがある人
  2. 病気、怪我などが理由で参拝できない人

鈴虫寺のお守りは、お寺で説法を聞くことで効能が発揮すると言われています。

そのため、鈴虫寺に一度も訪れたことがない方からのお申込みは、特別な理由がない限りお断りされてしまうんですね。

初めて購入を希望される方は、いずれにしても鈴虫寺まで参拝に行かなければならなりません。

少しお手間ですが、願い事が叶うのであれば遠くても行きたい!と思う方も多いのではないでしょうか?

 

さて、それでは上記条件を満たす場合に鈴虫寺からお守りを郵送してもらうには、以下のものを封筒に入れて送る必要があります。

 

・送付先住所、氏名および購入したいお守りの数を記載した紙

・小為替

 

送料およびお守り代分の小為替を用意します。

小為替は郵便局の窓口にて購入いただけます。

金額についてはお守りを1つ購入される場合は郵送料込みで500円、2つ以上購入される場合は500円×必要なお守り数となります。

なお、直接参拝した場合は、拝観料500円とお守り代300円がかかるので、通販のほうが少しだけお安くなっているみたいです。

 

上記が準備できましたら、以下宛先まで送付すればOKです。

【送付先】

〒615-8294 京都府京都市西京区松室地家町31

ちなみに、通販で購入した場合は、ご自宅から京都の方角に向かってお祈りをするとよいですよ。

スポンサーリンク

鈴虫寺のお守りの効果やご利益

さて、ここまではお守りの購入方法についてみてきましたが、そもそも鈴虫寺のお守りにはどのくらいの効果が期待できるのでしょうか?

この記事を見ていただいている方の中にも、鈴虫寺の願い事の成就率の高さをお聞きされた方も多いかもしれません。

それもそのはず、とくに恋愛関連の願い事の場合は、80パーセントの確立で叶うとも噂されているのです!

恋愛のパワースポットとも呼ばれており、結婚、片思いなどに関する願い事に対しては、とくに成就率が高いとされています。

もちろん、健康、勉学などそのほかの願い事に対してもご利益はありますよ。

お寺や神社で願掛けをする女性たち

願い事を成就させるためには、「お願いの仕方」も大切になります。

より具体的な願い事ほど叶いやすく、現実できでないものは叶えることはできません。

たとえば、「クリスティアーノ・ロナウドと結婚したい!」といった願い事は現実的ではないですよね。

「同じ会社の●●さんと付き合いたい」
「今お付き合いしている●●さんと結婚したい」

といった願い事ほど成就しやすいです。

そのほか、「私にふさわしい彼氏がほしい」といったお願いの仕方も成就しやすいようです。

鈴虫寺のお地蔵さまが、ふさわしい方を見つけてくれるのですね。

それから、願い事を叶えるための努力をすることも、願い事を成就させるための必須条件です。

いくらお祈りをしても、他力本願では願い事は叶ってはくれません。

きっと鈴虫寺のお地蔵さまも、あなたがお願い事を叶えるにあたりふさわしい人物かどうか確認しているのでしょう。

お地蔵さまは、あなたの努力が実を結ぶお手伝いをしてくれる存在みたいですね。

ちなみに、効果が表れるまでに期間は人によって大きな差があります。

1か月で成就した方もいれば、10年後に叶う方もいますので、気長に待つ姿勢も大切です。

鈴虫寺のお守りの「お願いの仕方」は、

関連記事:京都・鈴虫寺のお守りの値段と恋愛成就のお願いの仕方

に詳しく書いているので、より効果を高めたい方は読んでみてくださいね!

鈴虫寺のお守り通販と効果の「まとめ」

誰しも、叶えたい願い事はたくさんありますよね。

願い事を叶えるために頑張っていると、何かに頼りたくなるものです。

鈴虫寺のお守りは、願い事が成就するよう、あなたを導いてくれるはずです。

その力を信じて、少しでも願い事成就への近道になるよう、いまできることを続けていきましょう。

皆さまの願い事が叶いますように。

スポンサーリンク







関連記事と広告