お出かけやおしゃれ好きmisaのブログ

毎日の生活に役立つ情報を集めました。

らっきょうは一日何個まで?栄養と効能・ダイエット効果を紹介

   

らっきょうの効果・効能

カリカリ、シャキシャキとした食感が楽しめるらっきょうは、6月から7月に旬を迎えます。

鹿児島・鳥取・宮崎などの西日本側が主な産地として知られています。

私もらっきょうは好きでよく食べるんですが、

  • らっきょうって栄養あるの?
  • らっきょうの「血液サラサラ」以外の効能って何?
    ダイエット効果があるって本当?

とちょっと疑問に思ったので早速調べてみました!

スポンサーリンク

 

らっきょうの栄養

らっきょうの効果アリシンフルクタン

出典 http://www.marsho.jp/products/rakkyou_sio.html

フルクタン

ちょっと聞きなれない栄養素ですが、フルクタンは脂肪が体内に吸収されないようにする働きを持っています。

そのため、ダイエットに効果的なのです。他には、コレステロールの上昇を抑えたり、整腸作用もあります。

食物繊維

水溶性食物繊維であるらっきょうは便秘解消にも効果的です。

便秘は女性にとっての苦しくてつらい悩みのタネですよね。

便秘が解消されれば、お肌もつやつやになり体も気持ちも軽くなりますよね。

硫化アリル

硫化アリル、と聞くと理科の実験で聞いたような言葉ですが、アリシンとして広く認知されています。

「らっきょうを食べると血液サラサラになる」ということをご存知の方は多いと思いますが、それはこの硫化アリル(アリシン)のおかげなんです!

硫化アリルは

  • 強い殺菌効果による、風邪予防
  • 血液がドロドロになることを抑制することによる、生活習慣病予防
  • 免疫力アップ
  • 新陳代謝アップ
  • ビタミンB1の吸収を助けることによる、疲労回復

などの、たくさんの健康効果が期待できます。

スポンサーリンク

 

らっきょうの一日の摂取目安量は?

らっきょうは食べ過ぎると胃を悪くする恐れがあるので、1日4~5粒ぐらいまでにした方が良いと言われています。

らっきょうを栽培している地元農家の方は、家族で年間約100kgのらっきょうを食べるそうです。

そのため、いつも元気で病気知らずだそうです。

年間約100kgと聞くと、「どれだけ食べてるの?」と驚きますが、仮に5人家族と仮定するなら、1日55gぐらいなので、やはり4個前後ぐらい食べていると予想できますね。

らっきょうってどんな野菜?

らっきょうはネギ科ネギ属に分類される野菜です。

らっきょうとエシャレットの関係

らっきょうの仲間エシャレット

白い部分は土に植わっているので白く、葉は細くて緑色をしています。

らっきょうを軟白栽培して若いうちに収穫したものがエシャレットです。

らっきょうよりも少し早い5月から旬を迎えるエシャレットもシャキっとした食感が特徴です。

らっきょうのようなピリっとした爽やかな辛さもありますが、噛むとほのかに甘くて美味しいですよね。

私は味噌をつけてそのままかじって、お酒のおつまみとして食べています。

まとめ

普段何気なく口にしているらっきょうですが、意外と知らないことだらけの野菜ですよね。

ついつい食べ過ぎてしまいますが、1日4粒程度にして健康な体を目指したいですね。

スポンサーリンク